スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那智の滝事件の覚え書

加藤芳樹さんの批判記事

http://j-satsuki-kato.cocolog-nifty.com/blog/
http://j-satsuki-kato.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-964a.html
スポンサーサイト

那智の滝を登ったクライマーの逮捕記事について

先日のブログで、協会のお偉いさんとトップクライマーのツイートをリンクしましたが、
削除して見れなくなっているので下に貼っておきます。

(@shintaozawa)
 組長より入電。
 うーーーーん、複雑だなーーーー。
 ピラニアのオーナーが言うようにクライマーとしては「いいね!」だが、、、、 うーーーーーん。  ただ、日本人の自然崇拝もなんとかならんかねー?
 岩とか木には神は宿らんし!!! 神は形として存在しない!

(@rocksnow869)
 @shintaozawa 御神体は滝なんだから、つまり水でしょう。岩は登ってOK。(一休さん)

(@shintaozawa)
 @rocksnow869 それ、どこかの岩場で「遺跡は地面でしょ!?」って言って壁にボルト打った開拓クライマーのトンチと同じですね!

(@rocksnow869)
 @shintaozawa そうです。sinsuke倫理です。それはさておき、クライマーなら賞賛はしなくとも、一般人みたいに否定するのはやめましょう。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

那智の滝を登ったクライマーの逮捕記事について

沢登りの帰り道でネットニュースを見ていると

「宗教を侮辱された」那智の滝登った容疑 世界的に著名なクライマーら3人逮捕
from 産経ニュース

という一文が、衝撃的であった。へっぽこカムバッククライマーであるわたしには、
あの滝を登るテクニックも無いが、その前に那智の御神体を登るという概念が無かった。
3人の内世界的に著名なクライマー佐藤?っ、検索していたらGIRIGIR BOYSの1人だと。
若くして、先鋭的な登山で偉業を達成していくグループの名はよく耳にしていた。
ピオレ・ドール賞まで受賞したという。そのメンバーがなぜ??
へっぽこは、山に入るときは山にお邪魔しますといって入山する。
畏怖し敬服して登っている。それが山へ想いだった。
いまの若い人たちは違うのか?先鋭的で世界的になれば征服欲で登るのか?

JFA-日本フリークライミング協会の人間がツイッターでこうつぶやいちゃってるんで

クライマー達はは、一般的な単純な批判でなく、クライマーからの視点で議論して行こうって
言いたいのかな?彼の言う一般人からの批判はいわゆる常識というやつで、
クライマーは常識では測れる世界ではないんだよって、言いたいんですかね。

わたしはへっぽこクライマーですが、今回の件は憤っています。
わたしが熊野の血も流れているということで感情的になるかもですが、
クライマーとしての視点も踏まえ批判していきたいです。


テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

大普賢岳東面地獄谷の沢のぼり

小学生のときから中辺路に住む祖母の近所の川で遊ぶのが大好きでした。
夏休みの間は、祖母のところにずーっといて、朝から晩まで川遊びをしていた。
山登りにカムバックしてから早1年。30ウン年ぶりに沢登りの復活である。
7/15日。同行はいつもの鎌師です。突貫で購入した沢靴とありあわせのウェアーで
冷たい水を掻き分けての登攀と滝登り。最高に楽しい沢登りでした。
その後は、和佐叉山キャンプ場にて、ブリュッケマスターえびさんと合流。
いろいろありましたが、楽しい宴でした。詳しくは鎌師のブログで。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

GW 大普賢岳から山上ヶ岳

鎌師がGWを7泊8日で大峰の奥駆にトライすると聞いていたので、
GWの1泊だけ合流しようと思い立ち、4/29.30で予定を立てた。
突然の予定にもかかわらず、2名がエントリーしてくれた。
じゃー行きますっというレスポンスの速さは
とても気持ちがよくうれしいものだ。

鎌師が、吉野→二蔵宿(泊)→山上ヶ岳→脇の宿(泊)→弥山(泊)→………………の予定なので
                           ↑                                                                   ↑
                      ここにあわせて予定を立てた。

われわれは、和佐叉登山口スタートで大普賢岳山頂、そして鎌氏と待ち合わせの脇の宿、
次の日は、山上ヶ岳→洞川というコースだ。

軽量化しようとカメラを置いていったために、あまり写真はありません。
iPhoneで撮った数枚です。思い出は記憶の中に。

はじめての長い登山にもかかわらず、2人は強かったと思います。
また行きましょう。
鎌師は天気などの都合で奥駆を少し残しているようです。
残り、ご無事で。
って、また少しついていこうと思ってんですけどね。よろしくです。

464.jpg

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from tatsu_sawa. Make your own badge here.

月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

こっしー

  • Author:こっしー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
カウンター高速バスフットサル場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。