スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン

20080225233234
いつも飲んでるワインのラベルが自転車ラベルに変更。
この会社のビオワインが自転車ラベルでしたが。
それはイマイチ。味が変わってないことを祈る。
スポンサーサイト

アンプ2

物色中とか、検討中とか言いながら、
楽天で注文してしまいました。大師匠にも相談無しで…。
楽天ポイントもかなりたまっていたので
(新しいワインを買う予定にしていたポイントですが)、思い切りましたよ。
工具は、ほとんどあるのですが、肝心の半田ごてが見当たらない。
中学時代の技術授業で作った奴です。
まあ、キット自体が取り寄せになるらしいので、
到着するまで工具でも物色しましょうか。



真空管を取り替えて、音色の違いを楽しめる、TU-789S
定価の10%引き+消費税込み+送料込み、楽天ポイントが1%つくので、
大体、38000円くらい。楽天最安値。半田ごて代は浮いたよな。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

アンプ

自転車の師匠といえば鎌師ですが、
人生の大先輩で、電気の達人の大師匠がいます。
その師匠から、行きつけである日本橋の電子部品の店を教えていただいた。
それからというもの、休みで時間があると見に行っている。
電気について、詳しい知識はないのですが、
ダイオードとか抵抗とか乱雑に並んだ店内を見ているだけで楽しい。
系列店が数店舗あるのだが、先日一番おもしろいという店舗に入ってみた。
入り口には、ジャンク品が並び、小皿を持った電子の鬼達が、
パーツを物色するのに所狭しと歩き回っている。
いやー、半田ごてを握りたくなる気分にさせてくれます。
店内の一角に、手作りアンプのコーナーが…。
スピーカーも小口径で手作りなのだが良い音してる。
じっと聞き耳立ててると若い店員さんが、このスイッチで、
ここにあるアンプが聞き比べれますよと教えてくれた。
さっそく、手作り真空管アンプで聞いてみる。
あー、暖かいわ、いいわこれ、と聞きほれていると、
店員さん、ここのキット使うと出来ますよと一言。
初心者でも大丈夫ですと言い切ってくれました。
あー、なんという誘惑。 よし、やってみようと思い立ちただ今物色中。





ショップのオリジナルも安くて魅力なんですが、検討検討。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

20080209120852
珍しく積もってる。こらゃ楽しみだ。

タイトルなし

20080208005649
ニールヤングとマービンゲイ

おやすみ

CDCD

はい。アナログまで我慢できず。先にCDを買いました。
ゆらゆら帝国「空洞です」
各紙絶賛のとおりです。エッジの効いたロックロックではなく、
ミニマルで抜けた感じがグッドです。クラブシーンから
引っ張られてるのが分かります。



それと、もう一枚。
トランペットはあまり聴かないのだが、この人は別格。
ポーランド出身のトマス・スタンコ、
同じポーランドのマルチン・ヴァシレフスキ トリオとのECMでの3枚目。
ここでも、クシシュトフ・コメダ作品を使用してるようです。
ポーランド三つ巴、最高です。と聞く前からこの賛辞。
聞かなくても音は分かっています。ので、休みの前に、
ゆっくり聞くことにします。



マルチン・ヴァシレフスキ トリオ名義でECMから2枚出してるようで、
これは買わなくっちゃと。これからもっとも注目のピアノトリオです。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

ロックで徒然

ゆらゆらさんの、アルバムの予約がディスクユニオンでも始まった。
初回受注数のみプレスの限定盤となるということで、予約は正解だな。
昔のように、完全限定ではないので確実に手に入るのはうれしい限りだ。
いつのまにか、「日本のライブバンドの最高峰」といわれるようになったライブを
見てみたいものだ。

しかし、ディスクユニオンは相変わらずおもしろい音源を出してます。
かつて、山下洋輔の盤や本を貪り買っていた頃、トリオとしての
一番古いアルバム「DANCING 古事記」の復刻を出したのもここだったような。
ニューヨークトリオのコンサートになぜかそれを持って、サインしてもらった記憶がある。
なぜ、ニューヨークトリオの盤を持っていかなかったのか、あとで、後悔しましたよ。

唐突ですが。日本語のロックはいいですね。
昨晩、風邪を引いているのに、芋焼酎とアイラーモルトをちゃんぽんして、
ふらふらの頭で、マッサージ器に乗りながら、SIONを聞いた。
あのしゃがれ声なので、泥臭いイメージを持ってる人がほとんどなのでしょうが、
それは大間違い。名盤「夜しか泳げない」これをきけばイメージ一変。
4曲目の「未練TARA TARA」の詩は秀逸です。チューバとダブルのトロンボーンが
たまらない。あの、オノセイゲンのミックスなのですから、洗練されるのは当たり前。
ですが、SIONです。

あ、そうそう、昨日のたけしの誰でもピカソ見ました?
前川清の特集でしたね。先週のちあきなおみの特集もよかったですが。
今週はもっと良かった。福山雅治の前川清評は的を得てたね。
ひそかに好きだったミュージシャンが、この手の番組で、
クローズアップされるのは、うれしいような悲しいようなですが、
もっと、聞かれなければならないとは思います。

やはり、ネイティブな言語の歌は素晴らしい。
英語の歌を日本語の歌より上位においている人の多い事多い事。
これはなんでしょうか?コンプレックス?本物を知らないだけか?
最近は、昔の日本のバンドやミュージシャンが再評価され、
同年代の海外のミュージシャンよりいいんじゃないのってーのが
多くなってうれしい限りであります。

そこで、作詞作曲 福山雅治 歌 前川清 「ひまわり」
最高級であります。


テーマ : ロック
ジャンル : 音楽

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from tatsu_sawa. Make your own badge here.

月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

こっしー

  • Author:こっしー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
カウンター高速バスフットサル場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。