スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬期 バリゴヤの頭 敗退


より大きな地図で バリゴヤの頭 を表示

平成23年(2011)12月24日厳冬期のバリゴヤの頭へ鎌師と日帰りで登山に出かけた。
12月頭に敗退したためのリベンジだ。そのため大阪からの出発も3:30と早め、
取り付きも6:00頃とばっちり登り始めたのだが、山頂手前300M付近でリミット11:00を
向かえてしまい、敗退下山となった。前回より雪は深いのだが、風がなくルートも迷いなく、
体も足も良く動いたので、今回はいけると思っていただけに残念だ。
休みなしで往復9時間、山頂まであと片道1時間と考えると、
リミットを11:00に設定する限りなかなか冬季は厳しい感じがする。
次回は、日が長い時期にして、稲村ヶ岳のほうへ抜けたいなと思う。

前回どこかで落としてしまったドリンクボトルを、下山中に雪の中で発見。
中身もカッチコチに氷っていたが、ありえない対面に感動した。
鎌師が気がつくまで黙っておこうとハーネスにぶら下げていたが、
黙ってることができなくて話した。下山中にザックカバーとATCを
落とした彼は悔しがっていた。爆笑でありました。おかえりなさい。ボトル君。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

バリゴヤの頭

平成23年(2011)12月9日10日と一泊二日で鎌師と登山へ向かった。
当初の予定では、11月末ごろに行く予定の登山であったが、天気と実務の都合でこの日になった。
行程としては、大川口→バリゴヤの頭→稲村ヶ岳→大日岳→洞川のロングコース。
しかもバリエーションなので、ばっちりのアルパイン装備。
結果、残念の敗退です。寒さと直登の連続に負けました。

RIMG1611.jpg

早朝4:00大阪出発 取り付き6:45 洞川付近の雨は雪に変わった。

RIMG1614.jpg

きつい直登が続き、ついに岩場の前でザイルを出す。

RIMG1618.jpg

時間切れで撤退の岩場の前で。
気力と体力も切れていた。

RIMG1621.jpg

取り付きは上流側のはしごから入ったが、
下山点はここ。

この後、洞川の唯一のゲストハウス一休(ひとやすみ)にチェックイン。
ベースとして使うにはかなりいいと思います。

もう、ルートもわかったし必要装備も分かったので、
厳冬期さらに雪の多いときにリベンジを考えています。
当初のルートは雪のあるときは厳しいですねー。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from tatsu_sawa. Make your own badge here.

月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

こっしー

  • Author:こっしー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
カウンター高速バスフットサル場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。