スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックで徒然

ゆらゆらさんの、アルバムの予約がディスクユニオンでも始まった。
初回受注数のみプレスの限定盤となるということで、予約は正解だな。
昔のように、完全限定ではないので確実に手に入るのはうれしい限りだ。
いつのまにか、「日本のライブバンドの最高峰」といわれるようになったライブを
見てみたいものだ。

しかし、ディスクユニオンは相変わらずおもしろい音源を出してます。
かつて、山下洋輔の盤や本を貪り買っていた頃、トリオとしての
一番古いアルバム「DANCING 古事記」の復刻を出したのもここだったような。
ニューヨークトリオのコンサートになぜかそれを持って、サインしてもらった記憶がある。
なぜ、ニューヨークトリオの盤を持っていかなかったのか、あとで、後悔しましたよ。

唐突ですが。日本語のロックはいいですね。
昨晩、風邪を引いているのに、芋焼酎とアイラーモルトをちゃんぽんして、
ふらふらの頭で、マッサージ器に乗りながら、SIONを聞いた。
あのしゃがれ声なので、泥臭いイメージを持ってる人がほとんどなのでしょうが、
それは大間違い。名盤「夜しか泳げない」これをきけばイメージ一変。
4曲目の「未練TARA TARA」の詩は秀逸です。チューバとダブルのトロンボーンが
たまらない。あの、オノセイゲンのミックスなのですから、洗練されるのは当たり前。
ですが、SIONです。

あ、そうそう、昨日のたけしの誰でもピカソ見ました?
前川清の特集でしたね。先週のちあきなおみの特集もよかったですが。
今週はもっと良かった。福山雅治の前川清評は的を得てたね。
ひそかに好きだったミュージシャンが、この手の番組で、
クローズアップされるのは、うれしいような悲しいようなですが、
もっと、聞かれなければならないとは思います。

やはり、ネイティブな言語の歌は素晴らしい。
英語の歌を日本語の歌より上位においている人の多い事多い事。
これはなんでしょうか?コンプレックス?本物を知らないだけか?
最近は、昔の日本のバンドやミュージシャンが再評価され、
同年代の海外のミュージシャンよりいいんじゃないのってーのが
多くなってうれしい限りであります。

そこで、作詞作曲 福山雅治 歌 前川清 「ひまわり」
最高級であります。


テーマ : ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from tatsu_sawa. Make your own badge here.

月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

こっしー

  • Author:こっしー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
カウンター高速バスフットサル場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。