スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泡盛

昨日購入したのは「まるだい」キレが少ない代わりにコクがある。臭みも無い。
常盤」と「時雨」の中間あたりの泡盛だと思う。これも飲みやすくて全部あけちまった。
このレトロビン大きく見えるが、実は600mlなのである。一升の三分の一、三合だ。
よくよく考えたらこれらの泡盛、一升に換算したら3000円くらいのお酒だ。
そりゃうまいわ。高級酒だわ。大事に飲まなくちゃね、次は何にしようかなー。

img10551103076.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい。さすが、凝りますね。

まるだい・・・泡盛本来の臭みの少ない、いわゆる呑みやすい系ですね。
泡盛はまだ、内地で販売するようになって日が浅い為か、まだまだ値がはる。
ご当地沖縄では、600mlは500円ぐらいで、売ってます。 大阪でも最近は
売り場によって、少し値段に差が出てきたように思います。 
だいたい1升瓶で新酒30度やと、2千円ちょっとですかね。  600mlは
900円ぐらいで売ってる事が多いから、1升瓶買った方がお得ですね。笑

しかしながら、泡盛の1本1本の個性の違いを知ってしまうと、色々と
試してみたくなるので、僕も最初は600mlで、多くの種類を買いました。

さて、こっしーに是非試していただきたい個性派泡盛を、少し紹介させて
下さい。 まずこないだの常盤に割に似た味として『萬座』、『久米島』、
それから宮古島の『宮の華』あたり。 新酒でも古酒みたく香ばしいです。

飛んで随分個性派は、南部の『南光』という奴があって、これはかなり好き嫌い
が別れます。ようするに臭い。笑   

あと他に例えようのない味として、石垣島の『玉の露』最高です。ニオイあるけど
バランスが好き。 あと常に家にある金武の『松藤』。 こないだの時雨と同じく
是非試して欲しい、どっしりした味の『太平』などなど。

僕的に基本的な味の泡盛は、『久米島の久米仙』や宮古島の『菊之露』あたり
です。            (注:ただの『久米仙』という名前のもあります。別物。)

泡盛は、どれがウマくてどれが不味いという事でなく、好きな味と嫌いな味に
別れるだけなので、他の人の好き嫌いを聞くのも、結構おもろい。
ちなみに僕は、西の果て与那国の『与那国』や『どなん』、プロテインみたいな
味の金武の『龍』という奴が苦手。あと常盤は大好きやのに、すぐ隣の島の
『照島』という奴は苦手。笑

はてさてコッシーは・・・        てゆか長くてごめん。(^^;  異常に書きたくて。

まいどー。

こんな長文は大歓迎でっせ。
近くに泡盛をストックしている酒屋がありますねん。
次は参考にして購入してみます。

一升入る陶器のサーバー注文したので
気に入った泡盛を見つけて、一升瓶を買って
いつも満タンにしたいと思っとります。

では、また。

今回は手短に。(^^;

陶器のサーバーええでんな。 ちなみに泡盛はブレンドが出来るんです。
向こうの知人は、行きつけのほとんどのお店に、ブレンドした状態で
ボトルキープしてたりします。慣れてきたら、好きな銘柄同士、ブレンド
してみては。(合う合わないがあるそうです。) 

他にも、泡盛に入れるだけで、短時間で古酒になる 『魔法の石』 なる
物もあります。また買ってきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from tatsu_sawa. Make your own badge here.

月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

こっしー

  • Author:こっしー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
カウンター高速バスフットサル場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。